フリーエンジニアの休みの日の実情

高みを目指すフリーエンジニアにとっての休みの日は勉強に費やされる時間が大半を占めることになります。最新の情報技術についての情報収集とその分析や理解を行うことで最新の技術の動向を把握し、新たに身につける技術を見いださなければならないからです。

そうすることによって次に生じるトレンドを把握し、その萌芽に伴って速やかにその領域で活躍できるように準備をすることができ、常に需要の高いトレンドの領域で活躍し続けることが可能になります。その心がけがフリーエンジニアの寿命を伸ばすために必要なことに直結するのです。

しかし、請け負う仕事の内容によっては休みの日にまとまった時間がとれなくなる場合もあります。保守や管理の仕事を請け負っている場合には、休みの日であってもトラブル対応に出勤を求められることもあり、仕事に時間をとられてしまうこともあるからです。そのため、休みの日にも実質上は自宅待機となっていつ仕事の必要が生じても大丈夫なように構えておくことが必要とされます。こういった状況は現場によって大きく異なるため、休みの日をどのように使いたいかという考え方によって仕事先を選ぶということも重要になります。

また、トラブルの発生頻度なども職場によって大きく異なるため、仕事の依頼を受ける前に相手企業の十分な情報収集を行っておくということも大切なポイントです。そういった準備によって休みの日の使い方も大きく変わるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です