フリーエンジニアのコミュニケーション能力

フリーエンジニアを目指す人の多くは一人で働くことに慣れてしまっていて、人間関係をうまく作り上げていくコミュニケーション能力に長けていないことが多々あります。システムエンジニアやプログラマとして企業で働いていた場合には、自分自身が行うべき仕事をする上では基本的には他者とのコミュニケーションが必要はなく、自問自答を繰り返すことによって問題解決を行っていくのが一般的です。

エンジニアとしての就職の道を進む過程でも独力で勉強に勤しむ場面が多いことから、必然的に他者とのコミュニケーション能力を育む機会が少ない傾向があります。そのため、フリーエンジニアとなって仕事をする際にも人間関係作りにうまく行かずにトラブルを発生させてしまうことも稀ではありません。仕事自体は個人で行えるものが多くとも、仕事の紹介を行うエージェントや仕事の依頼を出す企業の担当者、仕事の現場での依頼主側の企業のスタッフ等、様々な人との関わり合いの中で生きていかざるを得ません。そして、それが一つ崩れるだけでもフリーエンジニアとしての生命が危うくなってしまう可能性があるのです。

エージェントとの関係を保つことが仕事の獲得に必要であり、企業との信頼関係は将来的な仕事の依頼や報酬の払いに影響してきます。現場での人間関係は仕事の能率にも企業からの評価にも直結することから、トラブルを生じない適切なコミュニケーションを行っていくことが重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です